歴史と伝統の絹織り工場

秩父銘仙は絹糸を用いて、ほぐし捺染とほぐし織で織り上げられる先染めの平生地でございます
弊社(絹織り専用工房)が織る生地には、
①秩父銘仙(絹)②秩父紬(絹)③秩父夜祭りお揃い紬(絹)④絹の裂き織り⑤絹の太織り⑥絹まわた布がございます。

★コロナによりまして、工房への見学やワークショップを一時的に休止させていただいております。
出張所におきましてもワークショップは休止させていただいています。
 
畠山重忠が壮健したと伝わる皆野町は上三沢の八幡大神社と千年古木。
弊社の初代が生まれ育ちました玉川織物でございます。初代の生家と歴史⇒詳細
1927年に玉川織物から独立して逸見忠織物を設立。写真は現在の逸見織物工房です。
宇野千代さんの後ろに立っておりますのが初代の玉川忠重でございます。
弊社の織り布を洗練させるために宇野さんたちとよく海外へ勉強に出かけていました。
工場の庭には宇野千代さんの石碑や秋篠宮さまのご訪問記念の御松がございます。
工房内
   
 代々の秩父銘仙の名工中の名工から確かな技術と豊富な経験を脈々と引き継いでまいりました。
 
写真は中町町会様の新しい夜祭りお揃い紬が織機にかかっています。
弊社のスタッフは、みな、多能職でございまして
織りの全ての工程をひとりひとりがこなせる熟練工揃いでございます。
厳しい品質管理のもとで秩父銘仙や秩父紬は織られます。
 
①捺染前 ②捺染後 ③織りあがり後 ④整理あがり後
4回にわたって厳しい品質検査を実施して高品質を維持しています

手織機
 
コースター用の糸を手織り織機にかけて手つなぎしています。熟練工の技であっという間につなぎ終了。
手織機ゾーンでは、絹の裂き織り、絹の太織りなどが織られています。
  
・・・etc

秩父の絹織り仕事は畑作業に通じるところが大でございます。
3代目の恭子もこの道に入りまして、早30年になりました。
これからも逸見織物をよろしくお願いします。
ご覧いただきまして「ありがとうございます」。