夜祭りの歴史と逸見織物

◇秩父夜祭りお揃い紬は、秩父の誇り高きおとこしたちが、夜祭りでまとう絹のお着物です。紬用の絹糸で銘仙と同じく「ほぐし捺染」と「ほぐし織り」の工程を経て地元の和裁職人さんが仕立ます。紬糸のお着物は、秩父銘仙と違い、足さばきが楽で、濡れても乾きやすいのが特徴です。

養蚕とともに歩み続ける秩父夜祭り。

中町さんの歴代夜祭り揃い紬大集合。中央の秩父縞(横段)が最も古い夜祭り揃いのお着物だそうでございます。あと何年、夜祭りお揃い紬が織れるか分かりませんが、生きてる限りは支えていきたいと思います

◆秩父の誇り高きおとこしたちが、まとい続ける歴史と伝統の絹織り布です。

中近町会さま

弊社が町会の皆様と手掛けてまいりました五町会の夜祭りお揃い秩父紬。